1. HOME
  2. 書評
  3. 老いも若きも楽しめる珍本

老いも若きも楽しめる珍本

評者: 出久根達郎 / 朝⽇新聞掲載:2012年11月18日
わたしは菊人形バンザイ研究者 著者:川井 ゆう 出版社:新宿書房 ジャンル:芸術・アート

価格:2592円
ISBN: 9784880084336
発売⽇:
サイズ: 22cm/217p

菊人形は日本の近代がつくりあげた民衆の知恵によるすばらしい造形である−。菊人形について長年研究を続ける著者が、菊人形に関するさまざまな事柄を、自らのエピソードを交えながら…

■わたしは菊人形バンザイ研究者 [著]川井ゆう

 掛け値なしの、珍本である。
 何しろ、類書が無い。菊の本は結構ある。菊人形に触れた本もあるにはあるけれど、研究書は無い。同じように私たちは菊人形を見たことはあるが、どのように作られるのかよく知らない。いわんや、その歴史をや。
 大抵の人が切り花の菊で飾り立てている、と思っている。水皿が置いてあり、菊が吸い上げる。それで花が生き生きしている。そう考えている。菊人形の菊には根がついていると知らない。表から見えないように細工してあるからだ。菊師という職人が、まる一日かけて製作している。
 たとえば姫君の衣装を菊で作るわけだが(菊付けという)、娘らしい丸みを表現するには技巧を要する。特に肩の線を出すのがむずかしい。咲き始めは撫(な)で肩の姫が、満開になると筋骨隆々となりかねない。そこで菊師は様子を見ながら着せ替えをする。
 菊の根には水苔(みずごけ)を巻き、イ草で縛って「玉」を作る。この玉に毎日、細い管のついた特別のジョウロで水を与える。やり残した玉は枯れるため、水やりは神経を使う。それでも十日もすると萎(しな)びてくるので、全面的に改めて菊付けを行う。
 菊人形の歴史は古く、江戸期に始まる。明治の世に流行した。漱石や二葉亭四迷の小説にも登場する。菊人形見物は、当時の庶民の最大の娯楽だった。菊人形で歴史の偉人や情況を学び、世相を知った。
 昭和に入ると、世間を騒がせた「説教強盗」が菊人形の題材になる。しかし、大体は歌舞伎の名場面や、有名な武将がモチーフだった。見立て、である。菊人形は衰微しつつある。見立てが通じなくなったからだ。職人が高齢で、後継者が育たぬ。著者は菊人形研究で博士になった。わが国唯一の菊人形バンザイ(礼賛)研究者である。本書は堅苦しい論文でなく、漫文調研究入門書、老いも若きも大いに楽しめる。ゆえに珍本。
    ◇
 新宿書房・2520円/かわい・ゆう 64年生まれ。武庫川女子大学非常勤講師(家政学)。現代風俗研究会会員。