1. HOME
  2. 書評
  3. 浪速の情緒と季節感

浪速の情緒と季節感

すかたん (講談社文庫) 著者:朝井 まかて 出版社:講談社 ジャンル:一般

価格:745円
ISBN: 9784062778398
発売⽇: 2014/05/15
サイズ: 15cm/357p

江戸詰め藩士だった夫が急死し、大坂の青物問屋に女中奉公に出た知里。戸惑いながらも、次第に天下の台所の旨いもんに目覚めていく。ただ問題は、人好きはするが、遊び人でトラブルメ…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2012年01月29日

すかたん [著]朝井まかて

 ほんわかとした時代小説。江戸のまんじゅう屋の娘だった知里は、江戸詰の藩士だった夫の赴任で大坂に。ところが、夫は急死する。ひょんなことから有名な青物問屋「河内屋」に住み込み奉公することになった知里。青物野菜にかけては暴走気味の情熱を燃やす河内屋の若旦那・清太郎といがみあうが、いつしか「胸の内の何かが瞬く」ようになる。
 一見、厳しいおかみさんの苦悩の過去、問屋仲間の裏切りと友情、知里と清太郎の恋の行方が絡み合いながら、物語は大団円へ。「ちゃうちゃう」「まったり」「ええねん」「しんど」「おもろい」などと付けられた全10章。浪速の情緒と季節感がたっぷりだ。
    ◇
講談社・1680円