1. HOME
  2. イベント
  3. 人気の作家・著者が講師に 無料講座「朝日ブックアカデミー」観覧者募集

人気の作家・著者が講師に 無料講座「朝日ブックアカデミー」観覧者募集

 朝日新聞では、読書の楽しみを広げるプロジェクトの一環として「朝日ブックアカデミー」を開講することになりました。3月17日(日)、30日(土)の2日間、話題の本の著者たちを講師に迎えて無料講座を開きます。

 1日目は片付け本を多数執筆する井田典子さん(整理収納アドバイザー)、『おねいちゃん』『長期入院児のための絵本の読みあい』などの著作で知られる村中李衣さん(児童文学作家)、話題の韓国文学『82年生まれ、キム・ジヨン』を翻訳した斎藤真理子さん(翻訳家)が登壇。2日目は日本語学研究の大家で知られる山口仲美さん(埼玉大名誉教授)、読書家で俳優の谷原章介さんと作家・北方謙三さん、道尾秀介さんとのトークショーを開催します。

  • 開催日:2019年3月17日(日)11:00~16:00、30日(土)13:00~18:00
  • 場所:東京都中央区築地5丁目の朝日新聞東京本社読者ホール ※入場無料。要事前申込。各回定員150人(抽選)
  • 問い合わせ:朝日ブックアカデミー係 TEL03-5540-7749(平日10:00~18:00、土日祝除く)。メール(asahi-bookacademy@asahi.com)も可

井田典子さん講座「スーパー主婦が伝える幸せをつくる“片づけ”の極意」

日時:3月17日(日)、11:00~12:00

整理収納アドバイザー。広島市生まれ。1983年「婦人之友」読者「友の会」入会。3人の子育て中からシンプルライフをめざすモノの整理が心の整理につながることを実感し、片づけ依頼を受ける。2010年からNHK「あさイチ・スーパー主婦シリーズ」に出演。「モノ・時間・お金・心の整理」をテーマに各地で講演中。『引き出し1つから始まる !人生を救う片づけ』など著書多数。

>申し込みはこちら。3月7日締め切り

左から井田典子さん、村中李衣さん、斎藤真理子さん
左から井田典子さん、村中李衣さん、斎藤真理子さん

村中李衣さん講座「響きあう絵本の読みあい~ 0歳から100歳まで」

日時:3月17日(日)、13:00~14:00

児童文学作家・絵本作家。ノートルダム清心女子大学教授。山口県山陽小野田市出身。筑波大学人間学類卒業後、日本女子大学大学院で安藤美紀夫に師事し、児童文学を学ぶ。修了後、創作活動に専念。日本児童文学者協会会員・日本児童文学会会員・絵本学会会員。1990年、『おねいちゃん』で第28回野間児童文芸賞受賞、2017年、『長期入院児のための絵本の読みあい』で第1回日本絵本研究賞など。講演多数。

>申し込みはこちら。3月7日締め切り

斎藤真理子さん講座「翻訳家が語る韓国文学の世界」

日時:3月17日(日)、15:00~16:00

翻訳家。訳書に、パク・ミンギュ『カステラ』(共訳、クレイン)、同『ピンポン』(白水社)、チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』(河出書房新社)、ファン・ジョンウン『誰でもない』(晶文社)、チョン・ミョングァン『鯨』(晶文社)、チョン・スチャン『羞恥』(みすず書房)、チョン・セラン『フィフティ・ピープル』(亜紀書房)、ハン・ガン『すべての、白いものたちの』(河出書房新社)などがある。『カステラ』で第一回日本翻訳大賞を受賞した。

>申し込みはこちら。3月7日締め切り

山口仲美さん講座「言葉から迫る平安文学」

日時:3月30日(土)、13:00~14:00

静岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻修士課程修了。文学博士。現在、埼玉大学名誉教授。古典の文体、日本語の歴史、擬音語・擬態語の研究者として知られる。1987年に第12回金田一京介博士記念賞、2007年に第55回日本エッセイストクラブ賞など受賞。08年日本語学研究で紫綬褒章、16年瑞宝中綬章。若者言葉の研究も著名で、テレビ出演。講演歴も多数。

>申し込みはこちら。3月15日締め切り

左から山口仲美さん、谷原章介さん、北方謙三さん、道尾秀介さん
左から山口仲美さん、谷原章介さん、北方謙三さん、道尾秀介さん

【トークライブ】谷原章介さん×北方謙三さん、谷原さん×道尾秀介さん

日時:3月30日(土)、15:00~16:00=北方謙三さん、17:00~18:00=道尾秀介さん

谷原章介さん=俳優・谷原書店店長。神奈川県出身。モデルとして活躍のあと、映画「花より男子」で俳優としてデビュー。ドラマ、映画、舞台、司会、ナレーションなどマルチな才能を発揮。最近では「アタック25」「うたコン」の司会や料理番組「きょうの料理」でMCを務めるなど幅広く活躍。2018年 にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演した。2019年5月17日に出演映画「居眠り磐音」が公開される。

北方謙三さん=作家。佐賀県生れ。中央大学卒業後、1970年に『明るい街へ』でデビュー。83年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。88年から歴史小説にも挑み、91年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞など受賞多数。11年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。16年、「大水滸伝シリーズ」全51巻が完成。18年5月、新たな歴史大河小説『チンギス紀』の刊行を開始した。

道尾秀介さん=作家。1975年生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、05年同作にてデビュー。同年に上梓された『向日葵の咲かない夏』が08年に文庫化され、100万部を超えるベストセラーに。07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞。11年、史上初となる5回連続候補を経て『月と蟹』で第144回直木賞を受賞。他に『鬼の跫音』『球体の蛇』『満月の泥枕』『風神の手』など著作多数。

>いずれも申し込みはこちら。3月15日締め切り