1. HOME
  2. 書評
  3. 「ラファエッロの秘密」 画業とビジネス、双方で傑出

「ラファエッロの秘密」 画業とビジネス、双方で傑出

ラファエッロの秘密 著者:コスタンティーノ・ドラッツィオ 出版社:河出書房新社 ジャンル:芸術・アート

価格:3024円
ISBN: 9784309256160
発売⽇: 2019/01/29
サイズ: 20cm/251p 図版16p

素晴らしい創造力の源であるだけでなく、工房の管理経営においても、他の誰にもなし得なかった手腕をみせたラファエッロ。成功に成功を重ね、貴族のように富を蓄え、性愛に生きた若き…

評者:出口治明 / 朝⽇新聞掲載:2019年04月06日

ラファエッロの秘密 [著]コスタンティーノ・ドラッツィオ

 盛期ルネサンスの3傑の中では、キャラの際だったレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロに比べ夭折したラファエッロの影は比較的薄い。しかしラファエッロは2人に勝るとも劣らない巨匠だったのだ。
 ラファエッロのすごさは画業とビジネスの双方で傑出していたことにある。まず画業であるが、ラファエッロは尊敬する芸術家の作風を剽窃することをいとわなかった。ただし単なる模倣にはとどまらず巨匠たちの芸術様式をこの上なく優美に融合させるのである。例えばレオナルドの甘美なポーズにミケランジェロの壮大さを加えるなど。ここにラファエッロの本当の才能がある。
 ウルビーノの画家の家に生まれた神童は飛躍の場を求めて旅に出る。しかしその後の足跡は消える。史料が残っていないのだ。それでもフィレンツェでレオナルドやミケランジェロと同じ時期に仕事をしていたことは判明している。やがてサン・ピエトロ大聖堂の造営に関わったブラマンテがラファエッロをローマに招聘する。適時適所、ラファエッロは場所を得たのだ。ローマでの活躍ぶりは「アテネの学堂」(バチカン宮殿、ラファエッロの間)を見れば一目瞭然だろう。
 美男子で性格の良かったラファエッロは誰からも好かれていた。しかも大変な策略家で大胆で度胸があるので始末が悪い。普通は破り捨てる素描を版画にして販売するというビジネスを起こす。集団での作業もお手のもので年長の画家たちをうまく調整する。まさに『芸術家列伝』の著者ヴァザーリが「あとにも先にも、絵画の世界において、ラファエッロほど開放的で柔軟かつ優れた者はいなかった」と述べた通りの恵まれた人生であった。
 本書はカラヴァッジョ、レオナルドに次ぐ画家の秘密シリーズの最終巻である。美術史家ロベルト・ロンギを彷彿とさせる歯切れの良い文章にはほとほと感心した。続編を期待する。
    ◇
 Costantino D’Orazio 1974年生まれ。美術史家、随筆家。美術館のキュレーターや伊国営放送で番組を担当。