1. HOME
  2. 書評
  3. 「超孤独死社会」 年間3万人の死の裏側に迫る

「超孤独死社会」 年間3万人の死の裏側に迫る

評者: 黒沢大陸 / 朝⽇新聞掲載:2019年05月04日
超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる 著者:菅野久美子 出版社:毎日新聞出版 ジャンル:社会・時事

価格:1728円
ISBN: 9784620325767
発売⽇: 2019/03/25
サイズ: 19cm/284p

孤独死、年間約3万人。救済の手立てはあるのか? 孤独死など、凄惨な死の現場の原状回復を手がける特殊清掃人のたちの生き様や苦悩をクローズアップしながら、生と死、現代日本が抱…

超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる [著]菅野久美子

 迫る臨場感は、丹念な取材や書きぶりばかりでなく、いつ自分が直面しても、いつか自分が孤独死しても不思議ではないからだろう。特殊清掃の現場から見える故人や周辺の人々の生きてきた姿。この時代の身近で暗い側面が浮かぶ。
 特殊清掃とは、遺体発見が遅れて腐敗が進み、損傷した部屋の原状回復などをする業務。猛烈な臭いで気づいた近隣住民や大家らの出動依頼で駆けつける。ゴミ屋敷状態で、畳から床まで染みている体液。100万円を超えることもある費用。請求される遺族が遠縁のことも。切実な実態だ。
 孤独死は年間3万人に達するという。自分たちの近隣にもゴミ屋敷はあり、家を探せば妙に安い物件もある。孤独死しかねない人も思い浮かべられるだろう。我々が作ってきた社会だ。
 ハイテク利用の見守り、第三者が支援するレンタル家族、孤独死保険、対応策も紹介される。特効薬はない。この現実を見つめたい。