1. HOME
  2. コラム
  3. 図鑑の中の小宇宙
  4. キャンプにも北欧スタイルを 「アウトドアテクニック図鑑」

キャンプにも北欧スタイルを 「アウトドアテクニック図鑑」

 その幸福度の高さから、注目を集める北欧諸国のライフスタイル。スウェーデンのコーヒータイム「フィーカ」、居心地のよい時間の使い方や暮らし方を表すデンマークの「ヒュッゲ」など、日本でも雑誌やテレビで取り上げられる機会が増えてきました。

 今回紹介する「アウトドアテクニック図鑑」は、北欧の人々のアウトドアスタイルを参考に、自然を満喫するために必要な基本テクニックをまとめた一冊。

 キャンプというと、いろいろな道具を揃えなくてはできないものというイメージがありますが、北欧のキャンプはちょっと様子が違うようです。必要最低限の道具をザックひとつに入れて、森や山の中を身軽に進んでいく。彼らはナイフの使い方や火のおこし方などの基本テクニックを駆使し工夫を施しながら、自然の中での生活を楽しんでいるといいます。

 そんなアウトドアスタイルのベースには、古くからある「自然享受権」という考え方があるのだそう。これは、すべての人が自然の中に自由に立ち入り、活動できるという権利。「通行権」「滞在権」「果実採取権」などを含めて、国民だけでなく、旅行者にも保障されるものだというから驚きです。しかも、私有地でも所有者への配慮さえ忘れずにいればOKとのこと。

 この夏は、キャンプ場などのルールは守りつつも、北欧式キャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。野生の動植物との共生を通して、手間をかけることや自然の不便さから何かしらの気づきが得られるかもしれません。