1. HOME
  2. 書評
  3. 「TRICK トリック」 歴史の土台崩す意図的な無理解

「TRICK トリック」 歴史の土台崩す意図的な無理解

評者: 武田砂鉄 / 朝⽇新聞掲載:2019年08月17日
トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち 著者:加藤 直樹 出版社:ころから ジャンル:社会・時事

価格:1728円
ISBN: 9784907239398
発売⽇: 2019/07/03
サイズ: 20cm/178p

ネット上で拡散する朝鮮人虐殺否定論を検証し、どのように間違っているかを説明。また、ノンフィクション作家の工藤美代子・加藤康男夫妻が著した虐殺否定本を取り上げ、仕掛けられた…

TRICK トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち [著]加藤直樹

 本書のサブタイトルに「なかったことにしたい人たち」とある。この存在が可視化されたのが、「あいちトリエンナーレ」の企画展『表現の不自由展・その後』の中止、という帰結ではなかったか。加害した過去を受け止めて平和を問う機会を、公権力が奪う。「平和の少女像」などの展示を「自国ヘイト作品」と位置付ける芸能人まで現れた。表現の自由、女性の権利、それらを獲得するための長い歴史に、どこまでも無理解を貫く。でも彼らは、無理解を維持することで「なかったことにしたい」のだ。
 2017年、小池百合子都知事が朝鮮人虐殺犠牲者追悼式典への追悼文送付を取りやめた。「個別の対応」をせず、全ての震災犠牲者に哀悼の意を表した、という。その判断が下される少し前、自民党都議が、追悼碑に刻まれた朝鮮人の虐殺犠牲者数について、「政治的主張」と述べた。その都議が論旨の骨格とした一冊が、工藤美代子『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』だった。
 1923年9月に発生した関東大震災の直後、「朝鮮人が暴動を起こしている」という流言によって多くの朝鮮人が虐殺されたが、近年、ネットを中心に「虐殺はなかった」などの主張が拡散されるようになった。この動きと小池の判断は、不気味に響き合っている。
 当時の新聞からネットの書き込みまで、通説をすべて引っ張り出して検証する執着に圧倒されるが、放置すれば「諸説あってはいけないのですか?」「悪いことをした朝鮮人もいた」などの曖昧な言い分と共に、「なかった」が増幅する。
 前出の工藤による書を入念に読み解き、「認識の誤り」ではなく、意図的に仕向けられた「トリック」だと明かす。無知ではなく、詐術によって歴史の土台を崩そうとする声が重なる。強引に仕立てられた説に、公権力が興味津々に近づいていく。「なかったこと」にしてはいけない。その地点に何度も立ち返り、虚偽を残らず削り取ってみせた。
    ◇
 かとう・なおき 1967年生まれ。フリーの編集者、ライター。『九月、東京の路上で』『謀叛の児』など。