1. HOME
  2. 書評
  3. 疾走感あふれる写真論

疾走感あふれる写真論

写真の新しい自由 著者:菅付 雅信 出版社:玄光社 ジャンル:芸術・アート

価格:2160円
ISBN: 9784768307809
発売⽇: 2016/10/11
サイズ: 19cm/287p

写真の多様な世界で起きている事象の中で時代精神を象徴するような動きを捉え、関係者を取材し、客観的に描く。『コマーシャル・フォト』連載「流行写真通信」と写真家特集「Phot…

評者:武田徹 / 朝⽇新聞掲載:2017年01月15日

写真の新しい自由 [著]菅付雅信

 私たちは日々、大量の写真を見ている。ネットにはプロ、素人の別なく投稿された写真が氾濫(はんらん)し、広告写真に目を向けずに街を歩くことは困難だ。
 芸術にも商業にもなり、歴史に残るものもあれば、泡のように消えるものもある写真。だが優れた写真には新しい、より自由な世界の見方を「言葉よりも速く提示」するという共通点があると著者は考える。そして写真という「速い」メディアにふさわしい言葉を選び、本書を綴(つづ)った。
 結果的に本書は「大御所」写真家を相手にし続ける「遅い」写真論とは異質の疾走感に溢(あふ)れ、時にせわしなさをせつなく感じるほどだ。だが、その筆致だからこそ、注目すべき海外写真家の消息や広告写真の最新動向、若手写真家の新しい創作姿勢などを数多く紹介する「写真のジャーナリズム」たりえた。写真が獲得しつつある「表現の自由」を確かに受け止めているか、読む者に問いかける力を持つ一冊だ。