1. HOME
  2. 書評
  3. 蔵書家の業の深いことよ

蔵書家の業の深いことよ

私の本棚 著者:新潮社 出版社:新潮社 ジャンル:本・読書・出版・全集

価格:1404円
ISBN: 9784103540229
発売⽇:
サイズ: 20cm/181p

本棚は宝物、憧れ、宇宙。そしてほんとに厄介−。新居の本棚を作るにあたり蔵書全ての背幅を測った小野不由美、未来の本棚を想像する椎名誠ら、23人の読書家が綴った本棚にまつわる…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2013年09月29日

私の本棚 [編]新潮社

 読書家23人が本棚への思いをつづったエッセー集。えり抜いたコレクションへの愛情よりも、棚から床へあふれ出す蔵書の苦悩を吐露するほどに、語りは熱を帯びてくる。作家小野不由美さんは全蔵書が収まる本棚をつくるため、一冊一冊の背表紙の幅を計測! 総延長43万8400ミリ也。作家唐沢俊一さんは買い込んだ段ボール箱の山に寝室を占拠されながら、もはや「開けるのが怖い」とのたまう。
 買うから苦しむのは自明のこと。それでもやめられない、蔵書家の業の深いことよ。なんだか、道ならぬ恋におぼれる人を見守る気分。仏文学者鹿島茂さんは「愛書家」ならぬ「愛憎書家」と呼んでもらいたいそうな。
    ◇
 新潮社・1365円