1. HOME
  2. 書評
  3. 軍医を通じて描く戦争の悲惨

軍医を通じて描く戦争の悲惨

蠅の帝国 軍医たちの黙示録 著者:帚木 蓬生 出版社:新潮社 ジャンル:小説・文学

価格:1944円
ISBN: 9784103314196
発売⽇:
サイズ: 20cm/424p

足りない薬、不潔なベッド、聞こえてくる砲撃音。人を生かすために学んだ知恵が、戦場では何の役にも立たぬ—徴兵検査をし、解剖を行い、地下壕を掘り、空爆され、戦犯となり、ソ連軍…

評者:逢坂剛 / 朝⽇新聞掲載:2011年10月02日

蠅の帝国―軍医たちの黙示録 [著]帚木蓬生

 戦記ものの中でも、あまり取り上げられることのない、軍医を主人公にした連作短編集である。この本を書くために、著者は回想録や専門雑誌を丹念に渉猟し、軍医の仕事のなんたるかを、徹底的に調べたようだ。そして、それらを解体し、分析し、消化し、取り込み、再構築したのが本書、ということになろう。
 収録作品は、いずれも一人称で書かれているが、そこに出てくる〈私〉はすべて、別の軍医である。つまり、いろいろな軍医の手稿を集めた記録文集、というかたちをとっている。
 ただし、この〈私〉はすべて著者その人、といってもよい。著者は、取り込んだ情報を再構築するにあたり、当該人物になりきってその行動を追体験しよう、と決めたと思われる。そうすることで、戦争の悲惨さ、空しさを自分のものとして体感し、さらにそれを読者に共有してほしい、と考えたに違いない。
 開戦70周年にふさわしい労作である。
    ◇
 新潮社・1890円