1. HOME
  2. 書評
  3. 「心配性のおかあちゃん」を交えてみては?

「心配性のおかあちゃん」を交えてみては?

なぜ経済予測は間違えるのか? 科学で問い直す経済学 著者:デイヴィッド・オレル 出版社:河出書房新社 ジャンル:経済

価格:2592円
ISBN: 9784309245416
発売⽇:
サイズ: 20cm/315p

格差は「宇宙の法則」から、消費は「蒸気機関のしくみ」から…。世界の動きは、すべて科学の法則で読みとける! 気鋭の数学者が、今までにない経済の見通し方を解説する。【「TRC…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2011年05月08日

なぜ経済予測は間違えるのか? [著]デイヴィッド・オレル


 大震災が起こる想定では金がかかりすぎるから、起こらないと想定しよう——福島第一原発の大事故は、原発が何より経済システムであることを見せつけた。
 本書は、市場主義経済の原理的な危うさを撃つ。応用数学者である筆者によれば、市場の大変動と大地震は「べき乗則」と呼ばれる同じ系に属し、主流派経済学の想定範囲の外から、何の前触れもなく出現する。そして、この破滅的な危機をしのぐには、理詰めの効率追求よりぼんやりした幸福を願い、経済活動に女性性の導入を考えたほうが、むしろ適当と説く。確かに、「心配性のお母ちゃん」を交えて計画したら、福島原発は違う備えをしていたか。(松浦俊輔訳、河出書房新社・2520円)