1. HOME
  2. コラム
  3. テーブルトーク
  4. 韓国の埋もれた探偵小説に光 「当時の世相知りたい」翻訳家・祖田律男さん

韓国の埋もれた探偵小説に光 「当時の世相知りたい」翻訳家・祖田律男さん

祖田律男さん=神戸市

 韓国で「推理小説の父」と呼ばれる金来成(キムネソン)(1909~57)による最初の長編「白仮面」を翻訳し、論創社から単行本を出した。探偵小説家にして名探偵の劉不亂(ユブラン)が活躍するシリーズの第1作で、正体不明の怪盗・白仮面との攻防を描く。「テンポも速いし、いま読んでもそんなに古くは感じられない。連載当時、人気だったこともうなずけます」と話す。
 神戸市で図書館司書を続ける傍ら、88年のソウル五輪を機に韓国語に興味を持ち、ほぼ独学で身につけた。韓国の推理小説に関心を持ち、翻訳に着手。韓国推理作家協会が出した年間傑作選を2002年に翻訳出版したことを皮切りに、定年後のいまも翻訳を続ける。
 金来成は早稲田大学に留学中だった35年、探偵小説専門誌「ぷろふいる」でデビュー。江戸川乱歩を師と仰ぎ、帰国後も探偵小説を書いた異色の経歴を持つ。これまでも、同じ劉不亂シリーズの「魔人」や作品集「金来成探偵小説選」(いずれも論創社)を翻訳してきた。
 「数は少ないけれど、埋もれた作品はある。探偵小説を手がかりに、当時の世相を知りたい」(山崎聡)朝日新聞2019年2月6日掲載