1. HOME
  2. 書評
  3. 「犯罪の証明なき有罪判決」書評 戦後の司法の歪み 丹念に追う

「犯罪の証明なき有罪判決」書評 戦後の司法の歪み 丹念に追う

評者: 保阪正康 / 朝⽇新聞掲載:2022年04月16日
犯罪の証明なき有罪判決 23件の暗黒裁判 著者:吉弘 光男 出版社:九州大学出版会 ジャンル:司法・裁判・訴訟法

ISBN: 9784798503233
発売⽇: 2022/01/26
サイズ: 21cm/301p

帝銀事件、免田事件、松川事件…。冤罪はなぜ起こるのか。現行憲法・刑事訴訟法の施行最初期から絶えず続発する誤判事件の実態を概観し、裁判官側の誤判原因の解明と冤罪防止策の提言…

「犯罪の証明なき有罪判決」 [編]吉弘光男、宗岡嗣郎

 刑法学者ら12人が、戦後日本社会の司法の歪(ひず)みを検証して不透明な部分を明かした書と言えるのだが、読み進むだに、司法自体が新たに「犯罪」を犯しているのではと思いたくもなる。
 本書のキーワードは「暗黒裁判」という語である。
 「そこに・あった・事実」から遊離したところで、どうして真偽の認識が可能なのだろうか。ところが、日本の裁判官は「判定しえないことを平然と判定する」といい、これが暗黒裁判を生み出すというのである。
 一般にもよく知られている戦後の23の裁判が、暗黒裁判と呼べる所以(ゆえん)を、本書は丹念に追っている。共通しているのは、警察・検察の見立ての誤り、別件逮捕、長時間の取り調べ、時に拷問、さらには証拠隠しなどが行われていることだ。特に昭和20年代の事件(八海〈やかい〉事件、財田川事件など)を見ていくと、より鮮明にフレームアップの実態が浮かび上がるという。
 本書で取り上げられている免田、財田川、松山、島田の4事件は、死刑確定後の再審無罪事件だ。これらは「例外中の例外」であり、中には誤判と思われるケースで死刑が執行された例もあるという。
 本書は裁判官が検察官に追随する「判検一体」を問題視する。具体的に裁判官の名を挙げてもいる。第2代最高裁長官らが「戦前の刑事裁判実務」を引き継ぎ発展させてきたともいい、暗黒裁判を生んだ当事者だと弾劾(だんがい)している。
 「調書に・書かれた・事実」が「そこに・あった・事実」と異なる時、「論理的可能性」という言葉で弁護側の言い分を却下する裁判官がいるという。そうして「調書裁判」に傾く可能性もまた高い。被告人や弁護側の反論が極めて難しくなり、反論権が実質的に機能しなくなる。暗黒裁判はこうした構図でも生まれているというのである。
 暗黒裁判は国家的犯罪との理解のもと、国民による刑事裁判の監視で誤判の激減を、との結語が切実だ。
    ◇
よしひろ・みつお 久留米大法学部教授▽むねおか・しろう 同大法学部特任教授。著書『犯罪論と法哲学』。