1. HOME
  2. 書評
  3. ピケティらによる最新報告

ピケティらによる最新報告

評者: 石川尚文 / 朝⽇新聞掲載:2018年10月27日
世界不平等レポート 世界不平等研究所 2018 著者:ファクンド・アルヴァレド 出版社:みすず書房 ジャンル:経済

ISBN: 9784622087151
発売⽇: 2018/08/11
サイズ: 26cm/285p

全世界の研究ネットワークを駆使して、不平等の最新動向を隔年で報告。世界の所得と資産の状況を網羅的に分析し、経済的不平等に関する世界的で民主的な議論を確かな情報に基づくもの…

世界不平等レポート2018 [編]F.アルヴァレド、T.ピケティほか

 日本でも4年前にベストセラーになった『21世紀の資本』の著者ピケティ氏らによる最新版の報告集だ。不平等について、「事実に基づく社会的な議論と決定の礎を築く」ことが、本書の目的とされる。
 欧米に加え中国やロシア、インド、中東、アフリカの不平等も分析。この数十年、所得の不平等の度合いは、世界のほぼ全地域で高まっていると指摘する。
 同時に、民営化や財政赤字によって各国で公共財産の割合が減り、政府が不平等を抑える力が低下。個人の富の不平等も、拡大に拍車がかかっているという。
 この傾向を止めるには何が必要か。①累進課税②金融資産の所有者の把握③教育と仕事の機会の平等化④政府の未来への投資??というのが本書の提案だ。
 残念ながら日本への言及は少ないし、文章も決して読みやすくはない。だが、こうした研究の蓄積が、社会に広く伝わることは大切だ。継続して翻訳・出版されることを期待したい。