1. HOME
  2. トピック
  3. 好書好日エクストラ
  4. どう生きるか=死ぬか  幡野広志「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。 」
PR by ポプラ社

どう生きるか=死ぬか  幡野広志「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。 」

著・幡野広志

がんになって見えたこと

 写真家で元狩猟家でもある著者は、34歳で難治性のがんと診断されます。

 当初は激痛で自殺すら考えたものの、思いとどまれたのは、緩和ケアの医療者たちの存在、妻と幼い息子への思い、そして狩猟経験で命の重さを知っていたからでした。

 やがてブログでがんを公表すると、がん患者に限らず、生きづらさを感じる多くの人たちから反応が。著者は彼らを訪ねて取材を始めます。そして、生きづらさの根底には家族関係があると気づき、自分の人生を生きるために「家族は、選ぶことができる」ということにたどり着きます。

 よく生きる=死ぬために、自らの家族関係にも言及し、家族、医療、安楽死に至るまで、やさしく力強い言葉で思いを巡らせます。

定価1500円+税 ポプラ社 03・5877・8101