1. HOME
  2. 書評
  3. 「意識と感覚のない世界」書評 麻酔科医の上手下手とは

「意識と感覚のない世界」書評 麻酔科医の上手下手とは

評者: いとうせいこう / 朝⽇新聞掲載:2020年02月08日
意識と感覚のない世界 実のところ、麻酔科医は何をしているのか 著者:ヘンリー・ジェイ・プリスビロー 出版社:みすず書房 ジャンル:医学

ISBN: 9784622088660
発売⽇: 2019/12/18
サイズ: 20cm/215p

メスで身体を切り刻まれているあいだ、痛くないのはなぜなのか? 手術のあと、何事もなかったように目を覚ませるのはなぜなのか? 3万回以上の処置を行ってきた麻酔科医が、麻酔薬…

意識と感覚のない世界 実のところ、麻酔科医は何をしているのか [著]ヘンリー・ジェイ・プリスビロー

 子供の頃、全身麻酔を受けたことがある。外科手術ではなく、患部から水を抜く施術のためだ。
 確か数字を言わされているうち、母親の映像がぐるぐる回りながら遠ざかっていき、私は意識を失った。
 麻酔薬の量が多かったらしく、私はなかなか目を覚まさなかったため、両親はとても心配したらしい。
 この本を読むと、私を担当した麻酔科医の腕が疑われる。彼らは私の意識を完全に消さねばならず、〝母親の映像がぐるぐる回りながら遠ざかる〟などあってはならなかったのではないか。術後に恐怖が残るからだ。確かに私はあの時のことを忘れられずにいる。
 手術や入院をして医師の評判は気にしても、私たちはなかなか麻酔科医の上手下手を語らない。しかしペインクリニックは世界の主流である。メンタルな苦痛もそこには入っている。
 本書を読むと麻酔科医の仕事がわかり、きちんと評価したくなる。縁の下の力持ちに光を当てたくなる。