1. HOME
  2. 書評
  3. 「学校の社会学」書評 フランスの教育、「不平等」軸に紹介

「学校の社会学」書評 フランスの教育、「不平等」軸に紹介

評者: 本田由紀 / 朝⽇新聞掲載:2020年07月04日
学校の社会学 フランスの教育制度と社会的不平等 著者:園山大祐 出版社:明石書店 ジャンル:教育・学習参考書

ISBN: 9784750350141
発売⽇: 2020/05/07
サイズ: 20cm/225p

教育社会学研究の入門書。多民族・多文化が混在するフランスを題材に、学校教育の諸課題、とりわけ教育と不平等のダイナミクスを扱った研究の歴史的展開と現在を俯瞰する。教育と人間…

学校の社会学 フランスの教育制度と社会的不平等 [著]M・ブランシャール、J・カユエット=ランブリエール

 フランスの教育社会学といえば、ブルデューやブードンの研究が著名である。しかしそれ以外は英語圏の研究が参照されがちな中で、本書は近年のフランスの教育の動向と多様な研究成果を、「不平等」を軸に包括的に紹介している。
 バカロレア(大学入学資格試験)の取得率は増加したが、家庭背景や性別などによる進路選択の偏りは残る。複雑に分岐した教育制度と、減少したとは言え留年の仕組みをもつフランスでは、不平等を把握するために多様な指標を用いる必要があり、そこが研究者の腕の見せ所となる。
 進学率が上昇しても相対的不利が続くことを表す「引き延ばされた排除」など、普遍的有効性をもつ諸概念が目を引く。
 訳は硬めで、他の言葉を充てた方がよいのではと思われる箇所もあるが、「教育格差」が話題となっている日本の現状と照らし合わせて読むことで、現代における教育の隘路(あいろ)への理解が深められるだろう。