1. HOME
  2. 書評
  3. 良書にこだわった男の人生

良書にこだわった男の人生

評者: 出口治明 / 朝⽇新聞掲載:2018年08月11日
ヴェネツィアの出版人 著者:ハビエル・アスペイティア 出版社:作品社 ジャンル:欧米の小説・文学

価格:3024円
ISBN: 9784861827006
発売⽇: 2018/05/19
サイズ: 20cm/370p

活版印刷発明後のルネサンス期、イタリック体を創出し、持ち運び可能な小型の書籍を開発し、初めて書籍にノンブルを付与した改革者、アルド・マヌツィオ。“最初の出版人”である彼の…

ヴェネツィアの出版人 [著]ハビエル・アスペイティア

 人には誰かに書いて欲しいと思う本が必ずある。「シャジャル(エジプトの女性スルタン)の生涯」「クビライの青年時代」などは垂涎の的だが、本好きの僕にとっては出版の父「アルド・マヌツィオの伝記」もその一冊だった。それが無類に面白い長編小説の形で世に出たのである。これはもう読むしかない。
 西洋の印刷技術は、実はグーテンベルクではなく15世紀のヴェネツィアで活躍したアルド印刷所に多くを負っている。イタリック体やページ番号のある現代の八つ折りの小型本はアルドの創始による。学識豊かなアルドは、売らんかなの商業出版に対抗し、ギリシャ・ラテンの古典の刊行に努めた。既に黎明期から、出版を巡る根源的な対立が始まっていたのである。
 序幕はアルドの死後、妻マリアの暮らす田園の別荘から。アルドの人生をつづりたいと意気込む息子パオロが訪ねてくる。マリアは色よい返事はしない。それは何故か。そして、アルドがヴェネツィアに漂流者として降り立った時から物語が始まるのだ。アルドは辣腕の商業出版人トッレザーニの共同経営者としてアルド印刷所を立ち上げる。娼婦マリエッタとの恋。トッレザーニは娘マリアとの結婚生活を持ち掛ける。アルドは気の進まない結婚を余儀なくされ、同衾を拒む奇妙な結婚生活が始まった。しかしマリアは、類いまれな才能を持っていた。それは何か、そしてこの夫婦の行方はどうなるのか。ネタバレになるのでこの後は触れないでおこう。
 商業出版の権化ともいうべきトッレザーニと、たとえ教会から異端視された本であろうと良書に執着するアルドの対立を軸に、メディチ家のロレンツォの庇護を受けた著名な人文学者ピコ・デラ・ミランドラやエラスムスといった巨星が強烈なオーラを放ちながら複雑に絡んでくる。面白くないはずがない。波瀾万丈の物語はアルドの葬儀の弔辞で幕を閉じるが、馥郁たる余韻がいつまでも残った。
    ◇
 Javier Azpeitia 1962年スペイン生まれ。作家、編集者。『イプノス(催眠)』でダシール・ハメット国際推理小説賞。