1. HOME
  2. コラム
  3. 図鑑の中の小宇宙
  4. 想像ふくらむミネラルワールド 「鉱物見タテ図鑑」

想像ふくらむミネラルワールド 「鉱物見タテ図鑑」

まるでマスカットのような石は、その名も「ぶどう石」。白や黄色いものもあるそう

 まだまだ暑い日が続きますが、暦の上ではもう秋。想像力も創造力も刺激する、遊び心あふれる図鑑で、芸術の秋をひと足先に堪能してみてはいかが?

 「鉱物見タテ図鑑」は、自然が生み出した美しい鉱物をただ並べるのではなく、さまざまなものに見立てて紹介する一冊。著者のフジイキョウコさんの目利きで見た目の美しさや面白さを基準に選ばれた鉱物が、ゼリーや書物など身近なモノに見立てられ、美しく写真に収められています。その姿は鉱物マニアでなくとも鉱物をインテリアに採り入れてみたいと思ってしまうほど。学術的な小難しい解説ではなく、鉱物にまつわる歴史的なエピソードや命名の由来などを綴った読み物が添えられているのも知的好奇心をそそられます。

 中でも自然の驚異だと思えたのが、十字石。まるで人工的に作られたかのように結晶がクロスしている様は、まさに神の産物といえそうです。かつて十字軍の兵士たちがお守りとして身につけていたといいます。

「十字石」には二つの結晶が直角に交わるものだけでなく、60度に交わったXの形をしたものも
「十字石」には二つの結晶が直角に交わるものだけでなく、60度に交わったXの形をしたものも

 同じ種類の鉱物でも個体差があるのも面白いところ。本書で紹介されている鉱物は一般的な鉱物標本店で入手できるとのことなので、自分なりにあれこれ想像力を働かせながら見立ててみるのも一興です。