1. HOME
  2. 書評
  3. 「被爆」書評 無言で示される戦禍

「被爆」書評 無言で示される戦禍

評者: いとうせいこう / 朝⽇新聞掲載:2019年08月03日
被爆 ヒロシマ・ナガサキいのちの証 著者:江成常夫 出版社:小学館 ジャンル:社会・時事

ISBN: 9784096822906
発売⽇: 2019/06/28
サイズ: 30cm/175p

「戦争の昭和」を日本人に問い続けてきた写真家・江成常夫が、10年以上にわたって撮影してきた被爆者の遺品と遺構を収録。原爆悪の実相と、いのちの尊さを未来へ伝える写真集。【「…

被爆 ヒロシマ・ナガサキ いのちの証 [著]江成常夫

 著者は長年ヒロシマ・ナガサキの被爆、戦地であった南太平洋の島々の撮影を通して、「日本人と戦争の関わり」を考えてきた。
 今回は大判の写真集であり、被爆した建造物や物体を主に接近したカメラでとらえて、もちろん無言で私たちへと示している。
 精細な写真は二次元でありながら、いやだからこそ今なお朽ち続ける「一瞬」を伝える。それは遺品のちぎれた日の丸、もはや顔がわからなかったという17歳の女子挺身隊員の衣服、火ぶくれの出た瓦、被爆校舎の内部などであり、私たちはそのひとつひとつの物体の前で長い時を過ごすだろうし、そうすべきだ。
 中には被爆死した米兵や、中国人の遺品もあって、原爆投下が国際的な暴力であったことを明らかにするし、すべての被写体の背後にある経緯は著者の調べによって巻末に記され、それぞれの生が一度に等しく抹消されたことへの驚きと怒りと悔恨、核兵器廃絶への思いをかきたてる。