1. HOME
  2. コラム
  3. おすすめ
  4. 歪められた情報広がる不気味さ 塩田武士「歪んだ波紋」

歪められた情報広がる不気味さ 塩田武士「歪んだ波紋」

  グリコ・森永事件を題材に18万部を超えた『罪の声』から2年。塩田武士渾身(こんしん)の一作が連作短編集『歪(ゆが)んだ波紋』(講談社・1674円)。ジャーナリズムと誤報が主題で、5編が収められている。いずれも新聞記者、元記者が主人公だ。
 例えば冒頭の「黒い依頼」。ひき逃げ事件で男が死亡した。地方紙の近畿新報は、妻が実行犯と示唆する記事を載せる。入社13年目の記者・沢村が妻を取材するが、記事は先輩の特ダネ記者とデスクの捏造(ねつぞう)だった。フェイクニュースをつくるためのサイトを参考にしていたという点が、不気味さを増幅させている。「虚報は情報を受けとった人間の混乱、といった程度では済まない」「人生を狂わされたり、回復できないほど傷ついたりする人々が、確かに存在するのだ」という言葉が重い。
 SNSやネットの登場で、意図的に歪められた情報の波紋が世の中に広がっていく現状が、これでもかと描かれる。このままでいいのか。一記者として、問いを突きつけられている気がした。(西秀治)=朝日新聞2018年10月13日掲載