1. HOME
  2. 書評
  3. “現代のベートーベン”2人の真実

“現代のベートーベン”2人の真実

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌 著者:神山 典士 出版社:文藝春秋 ジャンル:エッセイ・自伝・ノンフィクション

価格:1620円
ISBN: 9784163901848
発売⽇: 2014/12/12
サイズ: 20cm/321p

18年間、ゴーストライターを務めた新垣隆の懺悔告白によって暴かれた、何重にも嘘に塗り固められた佐村河内守の虚飾の姿。二人の奇妙な共犯関係はなぜ成立し、誰もが騙され続けたの…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2015年01月25日

ペテン師と天才—佐村河内事件の全貌 [著]神山典士

 著者は、ほぼ1年前の「週刊文春」に掲載された「全聾(ろう)の作曲家佐村河内守はペテン師だった!」のメインライター。タイトルの「天才」は、“現代のベートーベン”が創ったとされてきた音楽の真の作曲家、新垣隆氏を指している。
 虚名のもと、足かけ18年に及んだ2人の関係が壊れる直接のきっかけは、右ひじから先がないバイオリン少女「みっくん」一家とのあつれきだった。少女の素直な思いに照射され、悪と善、虚と実へとおのずと分かれていく様子がメールのやりとりを通し克明に再現されている。突然光の中へ躍り出て、不思議なブレークを見せた内気な天才の魅力と弱点についても、いいあんばいで押さえてある。
    ◇
文芸春秋・1620円